LEDシーリングライトの選び方

今年の夏は、昨年より家庭での節電がさらに必要になりそうです。


節電をする際にまず一番効果が出やすい所と言えば、

長時間使う電化製品でしょう。

そこで目を付けたのがLEDシーリングライトです。


今までの蛍光灯に比べて、

どの様な点に気を付けて選んだらよいか

分からない方もいらっしゃるんではないでしょうか?


今日は、

LEDシーリングライトの選び方をご紹介します。


注目すべきポイントは

消費電力」と「固有エネルギー消費効率」。


照明器具は長時間使い続ける家電ですので、

少しの消費電力の差が一月単位などで見ると

大きな電気代の差となります。


目安としては、

お部屋の広さが10畳程度のリビングなら

75W以下で十分です。


そしてもう一つの節電ポイントとなる

「固有エネルギー消費効率」です。

LED照明器具の固有エネルギー消費効率(lm/W)=照明器具から放出される初光束(lm)/消費電力(W)

で現わされ、

簡単に言うと消費電力1Wあたりの

明るさと言う事です。

この数値が高い方が、消費電力に対して明るいと言う事になり省エネ度が高いと言う事になります。


その他、メーカーによっては

外光の明るさ等を感知して自動で明るさを調節してくれる

「照度センサー」を搭載したモデル等も

より節電に効果的と言えるでしょう。

スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。