EXCELで生年月日から年齢を求める方法

EXCELを使って生年月日(誕生日)から年齢を出す方法を調べました。

DATEDIF関数と言うのを使うと出来るようです。

=DATEDIF(引数1,引数2,引数3)

DATEDIF関数は、引数1から引数2までの期間を引数3で指定した内容で表示してくれます。

引数3には、
年を表示する"Y"
月を表示する"M"
日を表示する"D"
等が入ります。

今回はこれを応用して簡単に生年月日から今日の時点での年齢を表示する方法です。

A1セルに生年月日B1セルに年齢を表示する場合は、

A1セルに生年月日を『YYYY/MM/DD』のような感じで入力し、

B1セルに『=DATEDIF(A1,TODAY(),"Y")』と入力すると年齢が簡単に表示されます。

ポイントは引数2に『TODAY()』関数を使用する事です。

これなら毎回今日の日にちを入力せずに済みます。



スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。